お客様の声

お客様の声詳細

一茶庵の卒業生のお店。『庵 浮雨』

横浜一茶庵の卒業生のお店、「庵 浮雨」(あんぷう)が2009年、9月にオープンしたのは横浜一茶庵のブログで知っていました。
他にも、有名なそばブログなどで取り上げられて、食べログでも評価が高いのお店です。

浦和のさくら通りの一つ北側。
"飲み屋横町"と言った感じの幅3メートル程度の細いアーケード内にあります。
外観もそば屋らしく無くお洒落?。
周りのガチャガチャした雰囲気が災いし、・・・土曜日ですから、ドアを開けたままの立飲み屋の騒ぎ声がアーケードにこだましています・・・フランス料理+手打そば、みたいな高級感は台無しです。

今日は、せいろ(全て十割)そばと、肝せいろ・・・メニューには、特許を取るとか取らないとか、・・・で楽しみました。

そばは、香りが軽い種類で北海道?・・・分からないです・・・非常に上品な感じです。
ほしも無く、色は、白いそばですから自家製粉ならかなり高級な蕎麦粉でしょうね。
でも、形は、ちょと円い太いそば。
こしも無く、茹で過ぎてます。
一茶庵らしく無いそばです。

汁も出汁が足りない醤油が感じられるもの。これも一茶庵ではないでしょう。

やめとけば良かったのですが、"肝せいろ"も追加注文しました。
汁は、想像からかけ離れ、もつ煮の様な臭みが残り、付いて来るゴマ油を足しても油のトロ味が余計なだけ。

最近流行りの、豚や鳥の肉そば・・・新橋「港屋」、・・・人形町「堀留屋」のような旨味が多いものでも無く、爽やかさが無い汁でした。
このお店は、夜に酒を注文しないとチャージを取るお店ですから、フランス料理などとワインを楽しむ居酒屋としての使い方がいいのかも知れません。
そば屋ではないので、総合評価はできません。

同じ、手打ちそばの学校を卒業しても味も雰囲気も違うので、面白いです。まだ、まだ、そば屋巡りはヤメラレませんね。

一覧を見る

  • facebook
  • twitter