お客様の声

お客様の声詳細

香り高い蕎麦、小粋なタパス

浦和駅の西口にあるナカギンザ1F、昭和ムードが漂う通りの中ほどに位置する [庵-浮雨】さん。
独創的な蕎麦ダイニングのお店ということで、以前から訪問したかったところです。

カウンターごしに厨房が見渡せるのでついつい目がいってしまいますが、テキパキと、とても丁寧な仕事をされるマスター。
ちなみにお1人で切り盛りされているので、料理の提供までには少々時間を要します、とのこと。
OKです、ゆったり酒を楽しみながら待ちます。

わたくし、日本酒10種類ほどのラインナップから喜久酔(本醸造)をオーダー。
ビール&地ビール、タパスに合わせてかワインのラインナップも厚く、スペイン産ワインもありました。

では、〆に10割蕎麦を頂くことを楽しみにまずは肴を…
蕎麦屋のタパス(1品¥400・3品¥1150・5品¥1850でメニューの中から選択)から3品。

○アジの洋風なめろう
○タコのマリネゆず胡椒風味
○うずらのスモーク

なめろうはなるほど、洋のオイル感とアジの香りがあとを引きつつ口の中で溶けてゆく、タコのマリネは新鮮なタコの歯応えと胡椒の風味が絶妙、薫製うずらは優しい味つけながら香りは立っていて、酒のアテにはたまらない(ちなみに野菜系のタパスも有りました)
他にも創作的なメニューが並んでいるけれども、どれもマスターのこだわりとセンスで纏めあげられていることだろう。

ゆっくりと日本酒を味わいながら、おろしでお願いした十割のせいろ蕎麦が出来あがるのを待つ。
茹でる、さらす、きる、マスターの背中を目で追っているうち、程なくして瑞々しい蕎麦が配膳されます。

まずは蕎麦だけを口に含むと、野趣溢れる華やかなそばの香りが広がります。
つけ汁は濃いくち、藪よろしくほんの少しだけ浸していただくと、すっきり辛めの返しに香り高いそばがとても良く合う。
最後はどろっとしたゆで汁にて、蕎麦湯をいただき本日は終了。

蕎麦自体の存在感が強いので、ちょっと変わった「洋風つけ蕎麦」「洋風まぜ蕎麦」なる創作蕎麦もきっと面白いかもしれない…機会があれば頂いてみたいです。

良いお店でした、そして久しぶりに美味しい日本酒にも酔いました…(あぁ、痛風は大丈夫だろうか)
自宅からは遠いですが、またお邪魔したいと思います。

(終)

一覧を見る

  • facebook
  • twitter